ダイエッターのためのアイスの賢い選び方!栄養士が教える基準

query_builder 2024/06/14
ブログ
106

ダイエット中でも、アイスクリームを楽しむことはできます。ただし、選ぶアイスによっては、ダイエットの効果を損なってしまう可能性があります。適切なアイスを選ぶことで、カロリー摂取を抑えながらも満足感を得ることができます。ここでは、栄養士が教えるアイスの賢い選び方についてご紹介します。

ダイエッターに適したアイスの基準

エネルギー

29556945_m

·  低エネルギーのものを選ぶ

一般的に、100キロカロリー以下のアイスを目安にすると良いでしょう。カロリーが低いほど、罪悪感なく楽しむことができます。


·  カロリー表示を確認する

パッケージに記載されているカロリー表示を必ず確認しましょう。同じ種類のアイスでも、ブランドや製法によってカロリーが大きく異なることがあります。

糖質

·  低糖質のものを選ぶ

糖質が多いと血糖値が急上昇しやすく、ダイエットの妨げになります。できるだけ糖質が少ないアイスを選ぶことが重要です。


·  人工甘味料の活用

砂糖の代わりに人工甘味料を使用しているアイスは、糖質が抑えられていることが多いです。特にエリスリトールやステビアなどの自然由来の甘味料が使用されているものを選ぶと良いでしょう。

脂質

·  低脂質のものを選ぶ

脂質が多いとカロリーも高くなりがちです。低脂質のアイスを選ぶことで、カロリーを抑えつつ満足感を得られます。


·  脂質の種類に注目

トランス脂肪酸や飽和脂肪酸は避けるようにし、不飽和脂肪酸が含まれているものを選びましょう。健康的な脂質は、適度な量であればダイエットに良い影響を与えます。

アイスの種類別おすすめ

氷菓

26925372_m


氷菓は水や果汁を主成分としたアイスで、カロリーが非常に低いのが特徴です。


おすすめポイント

  • 果汁や天然の香料を使用したもの:自然な甘さや風味を楽しめる製品を選びましょう。
  • 添加物が少ないもの:できるだけ自然な材料で作られているものを選ぶと良いでしょう。


ラクトアイス


ラクトアイスは乳製品を使用したアイスで、アイスミルクやアイスクリームよりも脂肪分が少ないことが多いです。


おすすめポイント

  • 低脂肪・低カロリーのものを選ぶ:ラクトアイスは種類が多いので、成分表示を確認して、低脂肪・低カロリーのものを選びましょう。
  • 砂糖控えめのもの:糖質が少ない製品を選ぶことで、カロリーを抑えることができます。


アイスミルク


アイスミルクは、牛乳やクリームを主成分としたアイスクリームの一種です。適度な脂肪分を含むため、満足感が高いのが特徴です。


おすすめアイスを賢く選ぶポイントポイント

  • 低脂肪・高タンパク質のもの:脂肪分が控えめで、タンパク質が多く含まれているものを選びましょう。
  • ナチュラルな材料使用:添加物が少なく、自然な材料で作られているアイスを選ぶことが重要です。


アイスを賢く選ぶポイント

原材料表示をチェック

2984849_m


·  添加物や人工甘味料の確認

できるだけ自然な材料で作られているアイスを選ぶことが望ましいです。添加物や人工甘味料が多い製品は避けましょう。


·  砂糖の量に注意

砂糖が多く含まれているアイスはカロリーが高くなりがちです。砂糖の代わりに天然の甘味料を使用しているものや、砂糖の量が少ない製品を選びましょう。


·  脂肪分の種類を確認

飽和脂肪酸やトランス脂肪酸が多いアイスは避け、不飽和脂肪酸が含まれているものを選ぶと良いです。


1食あたりの適量を意識


·  適切なポーションサイズ

回に食べる量を適切に保つことが大切です。大きなパッケージのアイスを買うと、つい食べ過ぎてしまうことがあります。


·  100キロカロリー以下を目安に

1あたり100キロカロリー以下のアイスを選ぶと、カロリーコントロールがしやすくなります。


·  定期的な摂取を避ける

アイスは特別な楽しみとして、頻繁に摂取しないように心掛けましょう。


個包装の有無で調整


·  個包装のアイスを選ぶ

個包装されているアイスは、一度に食べる量を自然と制限できるため、食べ過ぎを防ぐことができます。


·  シェアできるサイズ

ファミリーパックなど、大きなサイズのアイスは一度に多く食べがちなので、家族や友人とシェアして楽しむと良いでしょう。


·  保存の利便性

個包装のアイスは保存がしやすく、適量を取り出して食べることができます。冷凍庫に常備しておくと便利です。


ダイエット中のアイスの上手な食べ方

空腹時は控えめに

24288526_m


·  空腹時の摂取は避ける

空腹時にアイスを食べると、血糖値が急上昇しやすく、過食の原因になることがあります。空腹を感じた時は、まずは低カロリーのスナックや野菜などでお腹を満たしましょう。


·  軽食後に食べる

軽くお腹を満たしてからアイスを楽しむことで、食べ過ぎを防ぐことができます。


食事の前後は避ける


·  食事の前後にアイスを食べない

食事の前後にアイスを食べると、食事全体のカロリーが増えてしまい、ダイエットに逆効果となります。


·  食事とは別のタイミングで楽しむ

アイスは食事とは別の時間に楽しむことで、食事のバランスを崩さずに済みます。午後のティータイムやデザートとして楽しむと良いでしょう。


水分補給を忘れずに


·  アイスと一緒に水分を摂る

一緒に水やお茶などを飲むことで満腹感を得やすくなります。


·  こまめな水分補給

特に夏場など、アイスを食べる機会が増える時期には、こまめに水分補給をすることが大切です。水分を十分に摂ることで、体内の水分バランスを保ち、代謝を促進します。


まとめ

アイスと上手に付き合おう

26927988_m


ダイエット中でもアイスを楽しむためには、賢く選ぶことが重要です。まず、低カロリー・低糖質・低脂質のアイスを選びましょう。具体的には、氷菓やラクトアイス、アイスミルクなどがオススメです。また、原材料表示を確認し、添加物や砂糖の量に注意しましょう。1食あたりの適量を意識し、個包装のアイスを選ぶことで食べ過ぎを防ぐことができます。さらに、空腹時や食事の前後は避け、アイスと一緒に水分を摂ることで満腹感を得やすくなります。これらのポイントを押さえて、ダイエット中でも美味しくアイスを楽しんでください。



NEW

  • 食欲不振でもOK!夏太り解消&疲労回復!簡単ダイエットメニュー

    query_builder 2024/07/12
  • ダイエット中こそ3食!管理栄養士が教えるバランス献立&食べ方

    query_builder 2024/07/05
  • ウォーキングで消費したカロリーは◯◯に相当!?食べ物で比較してみた

    query_builder 2024/06/28
  • ダイエット中の肉と魚の賢い食べ分け術とは?管理栄養士が解説

    query_builder 2024/06/21
  • ダイエッターのためのアイスの賢い選び方!栄養士が教える基準

    query_builder 2024/06/14

CATEGORY

ARCHIVE